学習する学校 - ピーター・センゲ

ピーター 学習する学校

Add: ityqarec18 - Date: 2020-12-01 01:27:57 - Views: 966 - Clicks: 6018

【tsutaya オンラインショッピング】学習する学校/ピーター・センゲ tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの通販サイト!. (ピーター・M・センゲ、他『学習する学校』リヒテルズ直子 訳、英治出版、) こんばんは。台風10号の影響で天気がもうれつに不安定だったので、昨日は外出を控え、書類の整理に励みました。. 未来の学校、未来の学習は、どうデザインされるべきなのか? ――経営思想家ピーター・センゲと著名な教育者、組織変革のリーダーらがチームで著した本書は、今日の教育システムに潜む根本的問題を見据え、教室、学校、地域コミュニティにおける改革. その概念と実践のための手引きは、MIT上級講師のピーター・センゲ氏が1990年に書いた『The Fifth Discipline』(邦訳『最強組織の法則』)に示され、その後『The Fifth Discipline Field Book』(邦訳:『フィールドブック「学習する組織」5つの能力』)などで実践の.

システム思考で物事を捉える場合には、「つながり」に注目することが大切です。例えば上の図のようにシステム思考のループ図で「能率の低下」を捉える場合、能率の低下という「できごと」に注目していても断片的にしか見えてきません。 そのため、なぜ能率が低下しているのかという「つながり」に着目し、全体を見ていくことが必要になります。図の例えでいえば、能率の低下を生み出しているのは疲労によるものであることがわかります。そしてその疲労を生んでいるのは睡眠不足であり、さらに睡眠不足を招いているのは帰宅時間の遅さにあるということになります。 この一連のつながりが見えてくると、一体どの部分を改善することが効果的なのか見えてきます。例えば残業をせずに早めに帰宅し休息をとることによって、全体的な負の連鎖を断ち切ることができるかもしれません。このような効果的な改善ポイントとなる部分を、レバレッジポイントあるいはティッピングポイントといいます。 学習する組織においてシステム思考が重要な理由は、全体を捉えることによって「今なにを学ぶべきか」というポイントを捉えるとともに、「今どこに向かっている」のかを確認できるこ. 学習する組織の根幹をなす概念はシステム思考にあります。そしてシステム思考の概念を可視化したものの一つが氷山モデルになります。 人々は表出した「できごと」に注目する傾向があります。しかし、できごとだけに注目していても物事の本質や事象の背景は見えてきません。できごとには必ず背景があります。原因といってもよいかもしれません。 その背景には、できごとを起こす挙動(パターン)があり、その挙動を生み出しているのが構造です。例えば組織において繰り返し発生するネガティブな現象には、それを発生させている組織的な挙動があり、その挙動を生み出しているのが組織における構造です。 さらにその構造をつくり出しているいるのは個人あるいは組織のメンタルモデルです。 組織における変革を目指す場合、できごとに注目してそこに働きかけるだけでは不十分なのです。変革を目指すならば、その背景にある挙動、つまり変化を捉える必要があります。そしてその変化をつくり出している構造を変えるためには、組織や組織を形成する個々のメンタルモデルを変えることが最重要になるのです。 システム思考は断片的な物の見方ではなく、その「断片」をつくり. ところで、アメリカ合衆国のシステム思考研究者ピーター・センゲら、「学習する組織」の考え方を信奉する教育者らが執筆した『学習する学校』は、オランダ教育界でも広く読まれ、その目指す方向にはイエナプラン教育との共通性が多く、イエナプラン. See full list on resilient-medical.

「学習する組織」は1970年代にハーバード大学教授クリス・アージリスによって提唱された概念を、ピーター・センゲ(MITマサチューセッツ工科大学の経営学者)が1990年に改めて提唱して広めた概念です。 ピーター・センゲは1990年に「The Fifth Discipline」(邦訳「最強組織の法則」1995年)を出版し、大きな注目を集めました。その中核となる考え方がこの「学習する組織」という概念だったのです。 「学習する組織」をクリス・アージリスは次のように定義しています。 学習する組織は、組織として持続可能なパフォーマンスを維持・成長させるための概念であり、変化の激しい現代社会でより発展するための組織的な成長戦略でもあります。その中核となるキーワードは「レジリエンス」です。 レジリエンスとは「回復力」「弾力性」「しなやかな強さ」などの意味です。学習する組織とは、このレジリエンスという要素を組織内で育み、継続的かつ持続的な成長をするための考え方でもあるのです。 そして、そのレジリエンスのある組織には、激しい変化や外乱に耐えた上でバランスを保つ柔軟性、変化への適応、そして能動的に学び. · 『学習する組織』の著者でmit上級講師のピーター・センゲと、60名以上の教育関係者の寄稿によるフィールドブック『学習する学校』。888ページの大著ですが、abdという手法を用いた参加型のプロセスで、書籍の購入や事前準備は不要。. ピーター・センゲは、クリス・アージリスとドナルド・シェーンが最初に提唱した「学習する組織」という理論を世に広めた人物で、複雑性や. 学習する組織とは、ピーター・センゲ氏により統合された組織論です。企業やNPOなど、世界中の多くの組織で実践されています。 【ピーター・センゲ】 SoLの創設者であり、マサチューセッツ工科大学の上級講師。. Senge)です。彼が「学習する組織」について書いた『最強組織の法則』(原題:The FIFTH DISCPLINE)は、欧米でベストセラーになりました。. ここまで述べてきた、5つのディシプリンを組織に浸透させていくのに、なんといってもリーダーの役割が重要です。センゲは、リーダーの能力や権限でメンバーを統率する英雄(カリスマ)型リーダーシップを否定的にとらえています。 「神話的リーダー像が一般的である限り、人々の視点は、組織力や共同学習にではなく、切迫した事態やカリスマ的英雄のほうへ強く注がれることになる」(p363)と述べて、「学習する組織」には、新たなリーダーシップ観が必要だと言います。 ここで「給仕役」という言葉があります。センゲの求めるリーダーシップ像は、リーダーが奉仕の精神をもって人々を導く「サーバント・リーダーシップ」(奉仕型リーダーシップ)に通じるものがあります。 ただし、力点となっているのは、「組織が学習する」ことに対しての「責任」であり、そういった意味で、センゲは学習する組織の「設計者」としての役割に多くのページを割いています。 「設計者」は裏方であり、称賛されることの少ない役割です。「船の航海」に例えれば、「船長」が表舞台でスポットライトを浴びますが、船の「設計者」は、あまり人に知られません。 ただ、船が設計され存在しなければ航海は成立しないように、学習する組織が設計されなければ「学習する組織」も存在しません。設計者の役割は重大です。 最後に、「学習する組織」に求められるリーダー像として、センゲが引用した「老子」の言葉を記して、この記事を終えたいと思います。 (文:松山淳). 『学習する学校――子ども・教員・親・地域で未来の学びを創造する』(ピーターMセンゲ) のみんなのレビュー・感想ページです(8レビュー)。作品紹介・あらすじ:本書は、今日の教育システムを取り巻く諸課題を踏まえ、教室、学校、地域コミュニティにおける教育改革の指針を提示する.

それこそが 「学習する学校」 において養われるものだし、センゲの「学習する組織」 の5つのディシプリン(自己マスタリー、メンタルモデルの克服、共有ビジョン、チーム学習、システム思考)の学校教育への適用の成果である。. · しかし、『学習する学校――子ども・教員・親・地域で未来の学びを創造する』の著者で、システム思考を広く一般に知らせたマサチューセッツ工科大学(mit)のピーター・センゲは、「この2つのイメージを、まずは忘れてください」と話します。. 複雑性の理解 これら3つの柱は、学習する組織の重要な目的でもあります。またさらに、この3つの柱は学習する組織の学習領域を明示し、具体的な方法を提示しています。その5つの方法を次に解説していきます。. 共創的な会話の展開 3. ピーター・センゲは「学習する組織」の代名詞的存在になっていますが、実は、これには元祖がいるのです。「学習する組織」の原型は、組織行動学者であるクリス・アージリスとドナルド・ショーンの共著『組織学習』(原題:Organizational Leraning)にあります。 1978年出版のこの著で、かの有名な「シングルループ学習」「ダブルループ学習」の考えが記されています。 この2つの違いを説明するのに「サーモスタット」の比喩を、アージリスは用いています。「サーモスタット」とは、設定した一定温度を維持する装置ですね。 仮に設定温度を20度にしたとします。この「20度を維持する」という目標を達成するために、その温度変化を常に学習し続けるのが「シングルループ学習」です。 これに対し、「そもそも設定温度が20度でよいのか?」という前提条件を疑う根本的な問いを発して学習していくのが「ダブルループ学習」です。 例えば、売上目標が1千万円の時、「1千万円をいかに売り上げるか」と、定められた目標に焦点をあてて「戦術」を考察するのが「シングルループ学習」です。目標の設定額を「そもそも一千万円でいいのか?」と、前提から疑い「戦略」を再構築することが「ダブルループ学習」といえます。「シングル」「ダブル」双方の学習ループがあって組織は正常に機能していくのです。 アージリスは「ハバード・ビジネス・レビュー」に掲載された論文『「ダブル・ループ学習」とは何か』でこう書いています。. 共有ビジョン 5.

書店では年に1度ほど分厚い専門書が平積みされ、話題になりますが、学習する組織もそんな1冊と言えるでしょう。 ※今年はなんといってもピケティです。他にもU理論などが同様の現象です。 しかし、例に漏れずその全章を読み切る人はわずかだと思います。. 昨年、ピーター・センゲ**の「学習する学校」("School 学習する学校 - ピーター・センゲ that learn")***の長年待たれていた訳書が出版され、こうした問題に対する具体的な方法論を学ぶことができるようになりました。. 「学習する組織」(Learning Organization) 1990年代、この言葉を世界に広めたのがマサチューセッツ工科大(MIT)教授であったピーター・センゲ(Peter M. 著者 ピーター・M.センゲ (著),ネルダ・キャンブロン=マッケイブ (著),ティモシー・ルカス (著),ブライアン・スミス (著),ジャニス・ダットン (著),アート・クライナー (著),リヒテルズ直子 (訳).

ゲスト:福谷 彰鴻(ふくたにあきひろ)さん1.ベンチャー経営企画、米国ヘルスケア企業マーケティング部門等を経て、年よりSoL(組織学習協会)にてMIT上級講師で『学習する学校』著者ピーター・センゲの各種ワークショップの運営をサポート。10年にわたってセンゲに師事し、継続的な. 学習する学校 子ども・教員・親・地域で未来の学びを創造する - ピーター・M・センゲ/著 ネルダ・キャンブロン=マッケイブ/著 ティモシー・ルカス/著 ブライアン・スミス/著 ジャニス・ダットン/著 アート・クライナー/著 リヒテルズ直子/訳. システム思考 2. システム思考の大家であり、『学習する組織―システム思考で未来を創造する』の著者であるピーター・M・センゲにインタビューした模様を、4. 本書は、今日の教育システムを取り巻く諸課題を踏まえ、教室、学校、地域コミュニティにおける教育改革の指針を提示する。世界中で導入が進む「学習する組織」の理論に基づくその内容は、小手先の「応急処置」的な改善策とは一線を画す広がりと深みを持っている。教員、生徒、親. 学習する学校、職員室、クラスづくりをする際に 役立つ思考法「システム思考」を身につけませんか? &92; 20世紀の経営学に大きなインパクトを与えたマサチューセッツ工科大(mit)上級講師、ピーター・センゲ氏の「学習する組織」。. 学習する学校 - 子ども・教員・親・地域で未来の学びを創造する - ピーター・m.センゲ - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 教育関係の皆様に朗報です。昨日、待望の『学習する学校―子ども・教員・親・地域で未来の学びを創造する』日本語版が販売されました。 筆頭著者であるピーター・センゲは、1991年に『The Fifth Di.

ピーター・M・センゲさんの本(学習する学校)を以前読み、姉妹編とでも言えるこの本を読んだ。昔から、感じていながら「言葉に出来ない思い」を彼は見事な文書で表現していた。 まさに感動である。P49 で「メタノイア」と言う言葉を彼は紹介している。 心の転換を意味する。 ギリシャ語. ピーター・センゲは、「学習する組織」を以下のように定義しています。 「自分たちが本当に望んでいるものに一歩一歩近づいていく能力を、自分たちの力で高めていける集団」 = 素晴らしいチーム。. ∂学習する組織 ピーター・m・センゲ 学習する組織 システム思考で未来を創造する ピーター・m.センゲ 3,850円. 学習する学校 子ども・教員・親・地域で未来の学びを創造する. powered by Peatix : More than a ticket.

ピーター・センゲは具体的に学習する組織を構築するためには、次の5つのディシプリン(学習領域)が必要だとしています。 1. 学習する学校 子ども・教員・親・地域で未来の学びを創造する - ピーター・M・センゲのページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。. 自己実現(マスタリー) 3. 以下の図は「学習する組織」の全体像を可視化したもので「学習する組織の3つの柱」です。 チームの学習能力の向上は、前述したレジリエンスを生み出す最大の源泉です。そのため学習する組織は、チームの学習能力の向上を主眼としていくことになります。 そして、そのチームの学習能力を支えるのが次の「3つの柱」です。 1. 〇 『学習する組織』の著者でmit上級講師のピーター・センゲと、60名以上の教育関係者の寄稿によるフィールドブック『学習する学校』。 「枕にするにも厚すぎる」888ページの大著ですが、ABDという手法を用いた参加型のプロセスで、各回100-150ページを. 『学習する学校ーー子供・教員・親・地域で未来の学びを想像する』(ピーター・センゲ 他)のabdを参加者で手分けして読み、リレープレゼンとダイアログを行います。書籍の購入や、事前準備は不要です。お気軽にお参加ください!.

· 『学習する組織』のきほん:「内省的な会話」をはじめよう 20世紀の経営学に大きなインパクトを与えたピーター・センゲの「学習する組織」。その名前は聞いたことがあるけれど、その組織はど. メンタルモデル 4. ピーターはセンゲは、「学習する組織」について、次のように述べます。 そして、「学習する組織」を実現する5つの要素を示し、これを「ディシプリン」と呼んでいます。「ディシプリン」というと「規律」「懲罰」という意味もありますが、ここでの「ディシプリン」は、センゲ曰く「学習し習得するべき理論および技術の総体であり、実践されるべき課題である」(p19)とのことです。 「学習する組織」を実現しようと思ったら、この「5つのディシプリン」を実践していくことが、欠かせないわけですね。 では、ここから「5つのディシプリン」について、ひとつひとつ、簡単に説明していきます。. · 『学習する組織』のきほん:「内省的な会話」をはじめよう 20世紀の経営学に大きなインパクトを与えたピーター・センゲの「学習する組織」。その名前は聞いたことがあるけれど、その組織はど. ピーター・センゲは『学習する組織-システム思考で未来を創造する』(,東京)の中で次のように述べています。 「学習」や「学習する組織」について語りかけられると・・・・・教室に受け身の姿勢で座り、耳を傾け、指示に従い、間違えないことで.

See full list on earthship-c. Amazonでピーター M センゲ, ネルダ キャンブロン=マッケイブ, ティモシー ルカス, ブライアン スミス, ジャニス ダットン, アート クライナー, リヒテルズ 直子の学習する学校――子ども・教員・親・地域で未来の学びを創造する。.

学習する学校 - ピーター・センゲ

email: onozowi@gmail.com - phone:(259) 842-4165 x 9943

君は1万円札を破れるか? - 苫米地英人 - セメント規格がわかる本 セメント協会

-> 社会福祉士国家試験・専門問題 2003年 - 社会福祉士国家試験研究会
-> FunLoom レッスンBOOK カラフルアクセサリー&モチーフ

学習する学校 - ピーター・センゲ - くわかる本 秋山謙一郎 水商売の


Sitemap 1

Wild winter Blankey Jet City - 高尾知之 - 大型自動二輪学科試験問題 自動車免許合格指導会